「株式会社Best Stage」代表取締役

            1:2の法則

私が不動産投資で考えているのは、1:2の法則です。所有物件のうち新築1物件に対し中古2物件を所有するのがベストだと考えています。不動産投資のスタイルにはいろいろな考え方もあり、人それぞれ考え方も違い、決してどれが成功かは自分自身の感じ方や考え方だと思います。
 とにかく表面利回りを追求する方や、地域性にこだわる方、長期保有目的の方、数年で売却を考えている方などいろいろな投資スタイルがあります。私自身の場合、新築木造APは長期保有を前提としております。今の建物は、一昔前と比べしかっりした施工、第三者機構による厳しい検査などにより、法定耐用年数22年に対し35年以上は十分持つと考えます。仮に、25年の銀行ローンを組み返済後は、まるまる収入となります。35年間保有したあとは、建替えもしくは、売却というストーリーです。また、10年くらい保有し諸事情により売却する場合でも断然売却しやすいと思います。また、築20年以上の物件で今まで設備等の取替え等を行っていないと、近い将来必ず取替えしなければなりません。
 よく不動産投資経営は「キャシュフロー計算をしっかりする」と言われますが、設備・外壁塗装・屋根葺き替えなどの費用も予定にいれて計算してください。また次回、新築APのメリット、デメリット等を御説明します。ありがとうございます。

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[01/24 土屋]
[04/21 元担当]
[02/03 名無しのゴンちゃん]
[09/24 名無しのゴンちゃん]
[09/07 名無しのゴンちゃん]

最新TB

プロフィール

HN:
つばき
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1971/05/22
職業:
不動産業・建築業
趣味:
釣り
自己紹介:
椿内 学(つばきうち まなぶ)昭和46年5月22日埼玉県富士見市生まれ。現在富士見市在住。平成16年(32歳)より不動産投資を始め現在、会社、関連会社、個人を含め9棟、100世帯保有中。目標1000世帯に向けまだまだ購入し続けます!

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

TemplateDesign by KARMA